身体診断チェックシート

頻尿・残尿とその症状について

こんな方は要注意です

前立腺肥大症にかかる原因には様々な説があり絶対という原因はありません。
中高年の5人に1人、65歳以上になれば3人に1人ともいわれています。
ただ、前立腺肥大症になりやすい人の傾向として食生活から動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取をしている人が多いようです。要は欧米風の食事をしている人は前立腺肥大になりやすい傾向があるようです。
また血圧が高い人もなりやすい傾向にあります。

頻尿・残尿ってそもそもどんな病気?

前立腺は膀胱の下部、尿道括約筋(ニョウドウカツヤクキン)の奥にあり、クルミ大の臓器で男性生殖器官の一つです。
前立腺肥大症は前立腺の内側の部分が腫大する病気をいいいます。通常は数十グラムの前立腺が、100グラムを超す場合もあります。

頻尿・残尿って具体的にはどうなるの?

前立腺が腫大すると尿道が圧迫されて尿道抵抗が高まり、尿の勢いが悪くなります。
また閉塞に伴う膀胱機能の変化により、頻尿や尿意切迫感などの症状があります。
最悪の場合、尿が全くでなくなってしまいます。

頻尿・残尿の原因って?

加齢や偏った食生活、血行不良、頻繁な性行為などといわれていますが、ホルモンバランスが大きく関係していると考えられています。年齢を重ねるごとに男性ホルモンが減り、女性ホルモンが増えていきます。こうしたホルモンバランスの変化が前立腺肥大に深く関係しているのではないかという考えが有力です。ただ、今のところ前立腺肥大の原因は明確にされていません。

頻尿・残尿の予防

前立腺の働きそのものがまだ詳しく解明されていないことから前立腺肥大についてもまだ謎に包まれている部分が多く、はっきりとした予防策はありません。
ただどんな病気にたいしても共通して言えることは、バランスの良いお食事や、適度な運動、睡眠が必要です。普段の生活を見直すことで健康につながります。

「頻尿・残尿」のチェックシート一覧はこちら