身体診断チェックシート

糖尿病とその症状について

こんな方は要注意です

  • 加齢のイメージ

    加齢

  • 親族が糖尿病のイメージ

    親族が糖尿病

  • 肥満体質であるのイメージ

    肥満体質である

  • 日頃運動不足のイメージ

    日頃運動不足

糖尿病の基準
1)空腹時血糖126(mg/dl)以上
2)75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖200以上
3)随時血糖200以上
4)ヘモグロビンA1c6.5以上
※糖尿病の診断などに使う「ヘモグロビンA1(HbA1c)」がこれまでは、日本では独自の基準を使用していましたが
2012年4月から世界標準の数値表記に合わせて一斉に引きあげられました
JDS(日本独自の値)HbA1c6.1%以上→NGSP(国際標準値)HbA1c6.5以上
※血糖値とは血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度

糖尿病ってそもそもどんな病気?

血糖値が高い状態をさす病気、ひとことに血糖値が高いといっても無症状の状態から、著しいのどの渇き、大量の尿を排出、さらに意識障害、昏睡にいたるまで様々あるが、血糖値やヘモグロビンA1値が一定の基準を超えている場合を糖尿病といいます。
世界保健機関(WHO)によると2006年の時点で世界には少なくとも1億7100万人の糖尿病患者がいます。
患者数は急増しており2030年までにはこの数字は倍増すると推定されています。
先進国においては、糖尿病は10大(あるいは5大)疾病となっており、他の国でもその影響は増加しつつあります。

糖尿病って具体的にはどうなるの?

糖尿病初期にはほとんど自覚症状がなく、検査で血糖値が高かったり、医師の指摘で糖尿病だとわかる事がほとんどです。
自覚症状がほとんどないため、治療をせずそのまま放置する方も多くいますが、下記のような症状があれば糖尿病である可能性があります。
のどの渇き
尿の量・回数が多い
体重が急激に減る
全身がだるく疲れやすい
目がかすむ
立ちくらみ
手足のしびれ
上記の症状が出ていてそのままほおっておくと…
足先が 「壊疽(えそ)」をおこして切断を余儀なくされたり、網膜(目の底にある部分)では 「失明」や「白内障」をおこしたり、腎臓では 「腎不全」 で人工透析が必要になる可能性があります。
また、糖尿病になると合併症で一番怖いのが「脳梗塞」です。
突然前触れもなくおき、お置きな後遺症を残すことがあります。最悪の場合そのまま死に至ります。
糖尿病は、そのものよりも「合併症」のほうが恐ろしいのです。

糖尿病の原因って?

加齢、遺伝、肥満、運動不足とされ、日本では交通機関が少ないマイカー頼みの生活を送っている地域(地方)に発病者が多くなっています。

糖尿病の予防

糖尿病は遺伝でなる人もいますが多くが生活習慣から引き起こる病気です。
生活習慣が原因ですから心がけ一つで予防できる病気でもあります。
主な予防としては食事での予防と運動での予防があります。
食事面でいえば野菜を中心としたバランスの良い食事を心がけたり、塩分控え目な食事をする、甘いものや脂っこい食事は適度に調節する…などがあります。
インスリンの分泌不足によって引き起こる糖尿病ですが、運動をすることで運動時に使われた筋肉部分でインスリンは効率的に働きます。
全身の筋肉をまんべんなく使える運動や身体に酸素をとり入れながら行ったり有酸素運動をすることでインスリンは活発に活動し糖尿病予防につながります。

「糖尿病」が関係するキーワードはこちら