身体診断チェックシート

骨の健康とその症状について

こんな方は要注意です

女性の場合スタイルを気にして、ダイエットがする人が多いですがこれがカルシウム不足を引き起こし、骨粗しょう症へとつながります。また運動不足や、細見できゃしゃな体系の方、閉経女性の方がなりやすいとされています。

骨の健康ってそもそもどんな病気?

骨にはタンパク質やリンなどと共にたくさんのカルシウムが含まれています。しかし骨に含まれるカルシウムなどの量は若年期をピークに年齢とともに減っていきます。
骨量が減少すると骨の中の構造が壊れ、骨は非常にもろい状態になり、折れやすくなります。
この状態が骨粗しょう症です。

骨の健康って具体的にはどうなるの?

骨粗しょう症になると骨折しやすくなり寝たきり生活の原因となります。
また、背中や腰に痛みを感じたり、身長が縮む、背中が丸くなるなどの症状を引き起こします

骨の健康の原因って?

骨密度は20歳前後でピークに達します。そののち40歳半ばまでほぼ一定ですが50歳前後から急速に低下していきます。
骨をつくるのに必要なカルシウムは腸から吸収されて、骨に取り込まれますが、年をとると腸からのカルシウム吸収が悪くなり骨密度が低下するのが原因のひとつといえます。

骨の健康の予防

老化により骨量の減少は誰にでも起こることですが最大骨量が高ければ、骨量が減っても骨粗しょう症になる危険ゾーンに入ることはありません。最大骨量を高くするためには日頃からの栄養、カルシウム摂取が大切です。
骨量が減少し始めてからも生活習慣を改善することで減少カーブを穏やかにし、骨粗しょう症を防ぐことが可能です。

「骨の健康」のチェックシート一覧はこちら