身体診断チェックシート

高血圧とその症状について

こんな方は要注意です

  • お酒をよく飲むイメージ

    お酒をよく飲む

  • 運動不足のイメージ

    運動不足

  • 脂っこいもの好きイメージ

    脂っこいもの好き

  • 野菜を食べないイメージ

    野菜を食べない

  • 煙草をよく吸うイメージ

    煙草をよく吸う

収縮期血圧が140以上で拡張期血圧が90以上の状態が高血圧とされ近年では、収縮期血圧が120未満が血管にとって負担が少ない血圧レベルとさています。
診断基準
日本高血圧学会では高血圧の値を以下のように定めている
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130 - 139 または 85 - 89
Ⅰ度(軽症)高血圧 140 - 159 または 90 - 99
Ⅱ度(中等症)高血圧 160 - 179 または 100 - 109
Ⅲ度(重症)高血圧 ≧180 または ≧110
収縮期高血圧 ≧140 かつ <90
高血圧には自覚症状がないため、判断するには困難です。
ですが、放置すると様々な危険要因に繋がるので、ご自身の血圧はこまめにチェックしましょう。

高血圧ってそもそもどんな病気?

高血圧とは、血圧が正常な範囲を超えて高く維持されている状態
高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)
脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる。

高血圧って具体的にはどうなるの?

放置すれば血管が硬くなる動脈硬化になったり、虚血性心疾患や脳卒中などの発作を起こす恐れがあります。

高血圧の原因って?

高血圧は「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類することができ、原因が異なります。
一次性高血圧は「本能性高血圧」ともよばれ、明らかな異常がないのに血圧が高くなってしまいます。
ただ、血圧があがる要因は明らかで、塩分の過剰摂取や加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、遺伝などがあげられます。
「二次性高血圧」は腎臓病やホルモン異常など原因となる病気がある高血圧を指します。
原因となる病気が治ると高血圧も治ります。

高血圧の予防

予防で代表的なものは減塩、塩分を控えることです。
塩分を摂取しすぎると血液中の塩分濃度が上がらないように水分で薄めようとする活動が体内で起こります。
そのため体内の水分が多くなり血液の全体量が増え血圧が上昇してしまいます。
塩分を調節することで血圧を管理することができると言っても良いでしょう。
日本人の一日の塩分摂取量として推奨されているのは10mg未満です。
ただ、高血圧疾患者では1日6mg未満が好ましく、その他にも、減量や減煙、野菜や果物魚をよく食べることも血圧を下げる効果があります。

「高血圧」のチェックシート一覧はこちら

「高血圧」が関係するキーワードはこちら